LCCで海外デビュー

気軽に海外へ行ってみたい!ブログを読んだら旅に出よう!

LCCでいつどこへ行く?

 タイトルがLCCで海外デビューとあるので、チケットを取るにあたっての考慮すべき点について何回かに分けてお話しします。

 

 日本発着のLCCに関しては、ほとんどが公式ホームページから直接検索をして購入することになります。

 

 スカイスキャナーやエクスペディアなどのサイトでは、大体の「当て」をつけることはできます。それでも繰り返しになりますが、購入は公式ホームページから行うのが大半でしょう。さらに、セールの情報は公式サイトかSNSでの発信がメインで、中にはアプリ限定の割引というものもあります。

 

 海外に行くにあたり、まずあなたがどの国のどの都市を訪れてみたいかをハッキリ描くことが必要になります。私のようにどこでもいいから格安で行ければいつでもいい、というならば話は別ですが、そうでもなければ韓国に行きたいとか、台湾に行きたいとか具体的な場所を決めることからスタートしましょう。

 

 それとその都市にいつ行きたいのかというのも大切。

 

 例えばソウルでしたら仙台と同じくらいの緯度なので、11月でも平気で雪が降ることがあります。

 

 シンガポールは1年中気温が30度くらいありますが、12月や1月は雨季なので雨の日大半でしょう。

 

 あなたが取得できるお休みがいつなのかもポイント。

 

 いつでも良いから格安でチケットが手配できればそれでいい、というのであれば幅広い選択肢からよりどりみどりなのも事実。

 

◆どこへ行きたいのか

◆いつ行きたいのか

◆それとも価格が安いことが優先されるのか

 

これらが始めに考慮すべき材料でしょう。

 

 さて、LCCは需給に連動して価格が決まるため、需要の少ない時期はかなり割安の運賃でチケットが手に入ります。例えば、中国や台湾は日本の年末年始より旧正月の時期の方がチケットが高い傾向にあります。ですから、中国圏の年末年始は狙い目です。

 

 反対に、正月明けの1月中旬から2月下旬までは、中国圏を除けばアジアのどこへでもかなり格安な傾向があり、台風などもリスクも低いのでおススメ。

 

 旧正月を過ぎたシンガポールベトナムなども安く渡航出来て、過ごしやすい時期になります。

 

 私は元旦の早朝に関西空港から台北へバニラエアさんを使いましたが、片道7千円くらいでした。12月31日や1月2日は2~3倍くらいします。そういった大衆の動きに反する行動をすると思わぬ時期に格安のチケットが手に入ることがあります。初めて年末年始を海外で過ごした2017年の幕開けでした。

 

 最後に付け加えてまとめますと、LCCの運賃が高い時期は、

◆年末年始

ゴールデンウィーク

◆お盆までの夏休み

◆シルバーウィーク

ということになり、この辺はレガシーキャリアと一致します。

 

一方で、

◆1月中旬から4月中旬

◆5月中旬から6月

◆9月~12月

は、かなりお得にチケットを購入できる可能性が高いです。これにあなたのお休みと行きたい国のベストシーズンを掛け合わせてチケットを検索すれば、おこずかいで気軽に海外へのチケットを手に入れることができるのです。

 

 ちなみに、LCCについてはいろいろなリスクが指摘されています。機材繰りで欠航になるとか、時間が大幅に遅れたうえ乗り継ぎ便に間に合わないとか、そんなに割安感がなくなった、などなどです。

 

 私も先日手配した成田~上海線が中国の当局から許認可が下りなかった、ということがありましたが、先方の航空会社からは誠意あるしっかりした対応を受けました。

 

 ウェブサイトでもLCC利用の注意点について書かれているページを多く見ます。

 

 それでも私はやはり、価格以上の価値を提供してくれるLCC各社には感謝しています。

 

 エアアジアXさんは日本からマレーシアまで諸経費込みで3千円なんてチケットを提供してくれました。ありがたいものです。