読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LCCで海外デビュー

気軽に海外へ行ってみたい!ブログを読んだら旅に出よう!

不安なことリストでお悩み解決

 次に不安なことリストについてお話しします。

 

 ここでいう不安なこととは、つまり詳しく調べておかないと心配だなぁ、ということを言います。例えば、

 

  • 出国手続きは何時間前までにどうやってするの?
  • 両替は現地でしたほうがいいって聞くけれど、言葉も通じないし心配だわ。
  • 現地の交通系電子マネーはどこで購入するの?チャージはどうやってするの?
  • 〇〇行きのバスは前乗り?後ろ乗り?先払い?後払い?電子マネーは使えるの?

 

 などなど、現地での具体的な行動に関して、様々なことが心配のタネになるかと思います。

 

 旅を重ねていくとこういったことを乗り越えていくことに、ひとり旅の楽しさや自分の成長を感じるものです。これらをリストアップして一つずつ下調べをし、乗り越える壁を低くしていきます。

 

 さらにこれをすることで、現地での時間節約にも役立ちます。

 

 私はクアラルンプールのKLセントラル駅でタクシーに乗るとき、チケットカウンターであらかじめ行き先を告げ、タクシークーポンを購入するというルールを知っていたことで、早くタクシーに乗れたという経験があります。

 

 ちなみにこのときは、チケットカウンターでは行き先を伝えることができたものの、運転手さんが行き先の建物がわからず、何台もたらい回しにされたという予期せぬアクシデントがありました。こういう要素がのちに思い出になるものです。

 

 ちなみに、通常の海外ひとり旅ではだいたい行動パターンが同じなので、不安なことはだいたい共通しているものです。その中でも次に挙げる例は、どこでも一緒です。

 

 例えば、両替は現地のATMでクレジットカードの海外キャッシングをするのが一番いい、というのが最近の通説です。クレジット会社によっては自動でリボ払いになることもあるため事前に調べておく必要がありますが、一部のクレジットカードではペイジーで繰上げ返済できるサービスをしているため、ほとんど金利を支払わずに手数料なしでのレートで、現地通貨を引き出すことが可能です。これを知っていれば、ATMさえあればどこへ行っても両替所を利用しないので、不安は解消しますよね。

 

 またモバイルの充電器は、通常240Vまで対応しているため、変換プラグさえあれば、変圧器なしで大半の国で使用できることがわかります。自分が持っていく電化製品がモバイル関連のものやカメラの充電器くらいでしたら、変換プラグさえもっていけばいいということになります。

 

 電源やフリーWiFiも、たいていの公共場所で確保できることが多いものです。

 

 どこへ行くにもお悩みだったことが、どこへ行くにも問題ない、ということになるますね。