LCCで海外デビュー

気軽に海外へ行ってみたい!ブログを読んだら旅に出よう!

南国なのに寒い!?

 海外でのエアコンの使い方について少し触れます。私の経験では、暑いことより、寒いことが多いというお話です。

 

 アウトドアでアクティブな活動をする予定ではない、通常のショッピングやグルメ、観光がメインの旅をする人には参考になるかと思われます。

 

 日本からLCCで海外に行くにあたり、タイ、台湾、ベトナム、香港、セブ、シンガポールなどたいていの場合は、南方への渡航になることでしょう。

 

 ですから、薄着で大丈夫ってついつい思いがちですが、ちょっとした落とし穴があります。

 

 空港や電車、SC、ホテルのなかはエアコンが効いていて意外と寒いのです。またマレーシアに拠点を置くLCCのA社は何度乗ってみても、機内が強烈にエアコンが効いています。日本からマレーシアまで3度、タイまで1度、タイから香港まで1度乗ったすべてにおいて、純粋に寒いと思いました。フリースを着てダウンジャケットを着てちょうどいい感じですが、足元はスニーカーソックスで大失敗でした。地元の人達は半袖に短パンで平気なようですけど、欧米人は私たちと同じ感覚のようで寒そうでした。ちなみに私は北国出身。A社の機内で唯一そうでもないなと感じたのが、クアラルンプール~シンガポール路線、この時は前から2列目でフライトも1時間なので、たまたまそうだったのかもしれません。

 

 南国の人達は、という括りが適切かどうかはわかりませんが、例えば台北では、気温が25度くらいのなか、ダウンジャケットを着てバイクに乗っているのに、手袋をせず、裸足でサンダルという姿をよく見かけます。どういう感覚なのかがよくわかりません。

 

 シンガポールでも、あれほど暑いのにも関わらず、下は短パンで上は長袖という人を見かけます。下が短パンなので、おそらく宗教的な理由ではないでしょう。

 

 どうも寒さや暑さに関する感受性に違いがあるようです。もしかすると湿度も関係しているかもしれませんよね。

 

 ですから、特にA社を利用する前は、日本を出国前から全開でビーチスタイルで乗り込むのは要注意、秋に外出するような装いでいきましょう。

 

 それと屋内や就寝時に着る長袖のものを準備しす。ちなみに南国の主要都市はほとんど屋外を歩くということがない、ということを考慮すると、ガイドブックなどに紹介されているような「屋内では長袖を1枚羽織る」という表現より、「屋外では半袖になることもある」という表現のほうが適切だと思います。

 

 南国なのに寒い、というお話でした。